台湾女子旅 3

2月に行った台湾旅行
台湾女子旅 1
台湾女子旅 2 の続きです。

2泊3日の旅はもう最終日。。涙
といっても午後発の飛行機だったので、ギリギリまで満喫してきました〜

朝は、ゲストハウスから歩いてすぐの朝市で朝ごはん。
初めて鹹豆漿を食べました〜
2415981a.jpeg
塩気の豆乳に刻んだザーサイや小エビ、揚げパン(油條)などが入っています。
お酢も入っているのでおぼろ豆腐のよう。
これがまあ、美味しかったです。
優しい味付けにほっと温まる豆漿、
少し冷え込んだこの日の朝にぴったりでした。

124201be3.jpeg
市場の様子

その後ホカホカのお腹で向かったのはカルフール。
地元スーパー好きとしては、どうしても行きたかったのです。
本当は外資でないお店がよかったのですが
時間と立地から仕方なくのカルフール。
調味料やスープの素、お菓子などを物色してきました。

いたるところに立つ市場にはお客さんいっぱいだったのに
カルフールはそうでもなく、少し驚きました。
やっぱり、いつもの市場のいつものお店でいつもの人から買う、
みたいな習慣が残っているのかな。

さてさて、いよいよホテルをチェックアウト、
最後の食事へ向かいます〜

行ったのは冠京華というお店。
店頭には、もくもく湯気の中に蒸籠と
ちゃっちゃと炒め物を作るおじさん。
地元の人もたくさん食べに来ているお店でした。

じゃじゃーん!
4124208fa7.jpeg
小籠包!!

5種類ほどの蒸し物、炒飯や青菜炒めなど
どれも美味しかった〜(*^^*)
いろんな種類のものを少しづつ食べられてしあわせでしたー
大人数旅の醍醐味ですね。
1人や2人だとたくさんの種類は頼めませんからね〜

満腹、大満足の台湾旅行もいよいよおしまいです。
台北中央駅からバスで空港へ。
新大阪での爆走など最後までいろいろ巻き起こり
楽しい旅行でした。

娘との初めての海外。
私のソワソワもしっかり伝わっていたみたいで
抱っこ抱っこと甘えん坊全開でしたが、
頑張ってくれたところもたくさん。
一緒に行ったみなさんにも、
街で出会った台湾のみなさんにも
たくさん助けてもらいました◎

大変だったけど、また今すぐにでも行きたいです。
台湾大好きー!多謝!


台湾女子旅 おわり
スポンサーサイト

台湾女子旅 2

2月に行った台湾旅行
台湾女子旅 1 の続きです。


2日目はお粥屋さんから始まりました。
MRTを乗り継ぎ、雙連駅へ。
そこから歩いてすぐのところにある
雙連街咸粥という屋台へ。
通り沿いにある7-11を曲がるとすぐ右手にあります。
1401099f4.jpeg
この肉粥(30元)がすごく美味しかったです。

その後雙連駅の朝市に戻り、ぶらぶらと。
140112be9.jpeg
朝市はこんな様子。赤い提灯が台湾ぽくて可愛かったです。
市場での買い食いは旅の楽しみです。
ガイドブックに載っているお店はもちろん美味しいのですが、
こういうところの、やる気の無いおじさんの(笑)
名もなき店とかが意外と美味しかったりして
そういう事が旅の醍醐味だなあなどと思ったりします。

迪化街では、食べたかった杏仁冰や肉包など。
140035808.jpeg
写真が暗いですが、、
ここはガイドブックに載ってるお店。やはり美味しい〜〜
ただ、曇りがちな冬の台北では、食べ終わった頃には少し寒かった。

新年(旧正月)のお祝いで
いろんなところで爆竹を鳴らしていました。
140021ace.jpeg
突然なりだすので何度もびっくりしました。

行きたかった活版印刷の活字を作っているお店、
日星鋳字行にも行ってきました。
4011263f.jpeg
活字がずらーっと並んでいる様子はとても美しかったです。
作りたかったハンコも作れて満足でした〜

繁体字(台湾で使われている漢字)の活字を作っているのは、
世界中でここだけだそうです。
こういう場所がずっと残るといいなぁ。と勝手に願ってしまうほど
素敵なお店でした。(お店のおばちゃんはすっっっごい怖かったけど、笑)

昔の工場をリノベーションしたお洒落なエリアや
行ってみたかった茶藝館、永康街での買い物も満喫して
盛りだくさんな2日目が終わりました。



つづく

台湾女子旅 1

2月の前半、2泊3日の短い旅でしたが、
大人子ども総勢12人で台湾に行ってきました。

女子旅ということで、夫は置いて(ごめん)娘と2人で参戦です。
娘と初めての2人での旅行、しかも海外なので心配事も多かったのですが、
子育ての先輩も多数いて、もう1方子ども連れさんがいたので
たくさん助けてもらい、何事もなく帰ってこられました。

今回は関空発着ということで
飛行機に乗るまでが随分長かったのです。。
でも久しぶりの大きな空港!すでに楽しい!
混んでる保安検査とかにもいちいちウキウキ。笑。

そして、心配のひとつだった飛行機も、
離陸と同時から着陸直前までぐっすり寝てくれて一安心でした。
(Gのかかる感じと音がよかったのかな。朝も早かったし。)

無事に到着、市内までもスムーズに移動でき
チェックイン後、早速近くの夜市を満喫しました。

150916278.jpeg
遠くに見える台北101

150917df7.jpeg
夜市ではずっと食べてみたかった胡椒餅を食べられました。
胡椒が効いてて美味しかった〜
焼いてる横で餅に餡を包んでる人たちがいてそれが最高でした。
おしゃべりしながらもそれぞれ自分の仕事をしてて、その手際も良くて
ずーーっと見ていられるやつでした。

155330a3c.jpeg
ホテルからの夜景
台湾と台湾の人たちのように優しい夜景でした。


2日目は朝一の朝市からスタートです。


つづく

Taiwan 4 ぎゅぎゅっと台北

台湾旅行記、最終回です。
以前の記事はこちら。
Taiwan 1  はじめての台湾へ
Taiwan 2 台南あれこれ
Taiwan 3 我爱芒果!

台南から新幹線で台北に戻ります。
といっても、午前中はホテルで自転車を借りて台南観光、
チェックアウト後も気になっていたステキなカフェでのんびりしていたら
出発が遅くなってしまって、台北に到着したのは夕方。。
台北駅では雨の中帰宅ラッシュに巻き込まれててんやわんや。
ホテルに到着後、一息ついてから
すぐ近くで開催されている寧夏夜市へ。
d0dd6212.jpg
おいしそうなものいっぱい。
ここでもえびたちは釣られて焼かれて食べられていました。

最終日は午前中の飛行機なので動けるのはこの日が最後。
朝から活動!ぎゅーーーーっと詰め込みました。
まずは、ホテル近くの迪化街へ。
d160c147.jpg
漢方屋さんを覗いてみたり、
永楽市場という生地問屋さんが入った建物の中をうろついたり、
周辺の手芸屋さんで、かわいいチロリアンテープやらアクセサリーのパーツを買ったりと
仕入れのようなお買い物タイムを満喫しました。

迪化街からぶらぶらと台北駅に向けて歩きつつ。
途中、小さな商店街にぶち当たったのですが、
こぎれいな洋服屋さんの前でおばちゃんが生肉を売っていたりと
(おおきな肉の塊を、これまた大きな包丁でぶった切っていました。)
南国っぽいカオスを目の当たりにできて面白かったです。
コレだから町歩きはやめられません。

台湾に来たらとりあえずここは行かねば。ということで
映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった町とも言われる九份へ。
電車とバスを乗り継いでいきます。
台湾では、乗車券と別売りの座席券のようなものがあるらしく、
座席券を買っていないと席には座れないようです。
そんなこととは知らず、空いている席に座っていたら次の駅でお客さんが乗ってきて
そこ私の席なのよね的なことになり、「???」となってしまいました。。
車掌さんにチケットを見せてみると、
席には座れないけど、通路などに立っていれば問題ないよということだったので
車両の端っこに移り車内販売のお弁当を食べました。
4b89ccea.jpg
ご飯の上にしょうが焼きっぽいお肉がどーんと乗っていて
周りに何種類かおかずが入っていました。駅弁もおいしい~
帰国してから、おいしかったものを思い浮かべてみると、
この駅弁が結構上位に入ってたりするくらいおいしかったです。

1時間ほどで最寄の瑞芳駅に到着。
駅から徒歩3分くらいのバス停でバスを待ちます。
バス停にはすでに長い行列が出来ていて、
正直「暑いし、待つのめんどくさいなー。タクシー乗っちゃう?」と思っていたのですが、
この日はそのバス停横の広場でダンスコンテスト的なイベント(たぶん)が開かれていて
民族衣装にヒールを履いた女の人たちが、激しい四つ打ちにあわせてパラパラ(たぶん)を踊っていて
そのミスマッチ感がたまらなく面白くてよかったです。
a08ec36f.jpg
そうこうしているとバスが来て、いざ九份へ。
お客さんをぎゅうぎゅうに乗せたバスはがんばって山道を登っていきます。
到着してみると、人!人!!人!!!
まるで尾道の花火大会のときのような(←わかりづらい)
土曜日だったからか、狭い道幅いっぱいにすごい人でした。
0c9b3971.jpg
道の両側にはずーーっとおみやげ物屋さん。
人の流れにあわせて歩くしかなく、着いて5分でぐったり。。。
とりあえずメインの道は見て周りましたが、
私たち夫婦的には特に心動くものもなく、あっさり台北に戻りました。。
途中、休憩のために入ったメインどおりから外れた、
人気の少ない小道のほうが面白かったな。迷路みたいで。

台北駅に戻ってから、今度はMRTに乗り換えて士林へ。
そこからさらにバスに乗り、ここにも行きました。
234ad607.jpg
故宮博物院!!
ここもまたすごい人!
超有名な豚の角煮の石と白菜の石には長ーい行列も。
大きなバスでのツアーのお客さんがすごかったのですが、
18時過ぎくらいにはずいぶん減って見やすかったです。
角煮の石もやっぱり感動ものでしたが、個人的にはその横にあった
子どもと小熊が手をつないでいる小さな彫り物がかわいすぎてキュンとしました。
気になっていた工芸品はざーっとですが見れて良かったです。
また来ないとなー!

その後、MRT中山駅近辺をうろうろ、
地元の人でいっぱいの食堂で最後の小龍包を楽しんだり
マッサージで極楽~したり
本当にぎゅうぎゅうに台北を動き回って終了!

翌朝6時、前日からお願いしていたタクシーを
従業員の方が呼んでいなくて、
5分くらい「なんなん!(何なの!の訛ってるやつです)」と
ぷりぷりしながらも道でタクシーを待つ。。
「ホテルの前が大通りで、タクシーすぐ捕まるから呼んでない」というのがあちらの言い分。
そんな時に限ってタクシー全然来ないし。。朝だし。やっぱりかー
だから前日から頼んでいたのに。何度も、明日の朝6時ねと確認したのに。。
空港にはまあ予定通り到着しましたが、
最後の最後にあのハラハラする感じを味わいました。

といっても、全体的にすばらしく楽しい旅でした。
近いし、おいしいし、やさしいし。
まだまだ行きたいとこといっぱいなので
そのうちまた行きたいな~~


台湾編 おわり

Taiwan 3 我爱芒果!

ちょっぴり時間が空いてしまいましたが、台湾のお話つづきです。
以前の記事はこちら
Taiwan 1 はじめての台湾へ
Taiwan 2 台南あれこれ

台湾に行く前から、ずっと楽しみにしていたもの。
それはマンゴーかき氷!
大好きなマンゴーがコレでもか!というほど盛られていて、
たっぷりの練乳、さらにマンゴーアイスを乗せているという
夢のような(笑)食べ物!
普段の旅行ではあれ食べたいとかこれははずせないとか、
食べ物に関してそんなに熱心なほうではないのですが、
今回は意気込んでいました。

台湾では、結構どこでも食べれるものなのですが
せっかくだし!ということで
わざわざ台南から1時間くらいバスに乗り
マンゴーの有名な産地「玉井」という小さな町まで
ローカルバスに乗って行ってきました。

台南駅のバスターミナルでうろうろ。
「玉井 欲行」などと書いたメモでいろいろな人に聞き、無事乗車。
これだけじゃなく、今回は漢字でものすごい助けられました!

台南中心部を抜け、小さな町を過ぎ、
少しづつ山道へ。
ce899d19.jpg
町の入り口にでっかいマンゴーのオブジェ発見!玉井に到着~

7-11横のバス停から歩いて5分くらいのところにある果物市場に行きました。
c2b82777.jpg


市場には山盛りのマンゴー!どどどーーーん!
bc28f584_.jpg
大きなかごに山盛りのマンゴー!!
すごい数!!行けども行けどもマンゴー!

どんな市場にも犬さんは居ます。
74ff557a.jpg
クンクン。おいしそうだなー

78eb0123.jpg
市場の脇で食べたマンゴーかき氷。この果肉の量!
上にはマンゴーアイス!
これだけのっけてNT$80(=¥250くらい)幸せーー!
黄緑色のは、まだ熟してないマンゴーのお漬物みたいなやつ。
ちょうど良くすっぱくて、
甘いのとすっぱいのとでずっと食べられるパターンでした。

そして突然の亀。
e1047c60.jpg
バス停の裏手にあったお寺の中で亀に会いました。
ごぞごぞと動き回る亀、いつまででも見ていられますね。

マンゴーの町、玉井。
詳しい地図も無く行ってみたのですが、
バス停と市場の辺りが中心部らしく、こぢんまりしたかわいらしい町でした。
きょろきょろしてたら、市場はこっちだよーとみんな教えてくれます。
よさそうな宿もあったので、
マンゴーのために泊まりに来てもいいな~なんて
どうしようもないことを思ったりしました。笑。

そうそう。
市場で売っているドライマンゴーがものすごいおいしかったです。
愛文という品種のもので、
セミドライなのかなー、結構しっとりしていて
砂糖使ってないと言っていたけどすんごい甘くて。
今までのドライマンゴーはなんだったのか!と思うくらいおいしかったです。
どのお店もじゃんじゃん試食をくれて、
夢の「試食でおなかいっぱい」状態でした。

あー。思い出してたらまた食べたくなってきちゃった。。


つづく
プロフィール

conel.o

Author:conel.o
広島県尾道市東土堂町にある
手づくり陶器の小さなお店と工房を
していました。

現在お店はお休みしています。

2011年6月から10ヶ月かけて
お店をセルフリノベーション
改装の様子と以前のブログ
http://marumushikobo.blog32.fc2.com/

作品に関するお問い合わせ
conel.otsuki☆gmail.com
(☆→@に変えてください)

Facebook : facebook.com/toubouconel
Twitter:@conel_otsuki

陶房CONEL(とうぼうコネル)
7220033
尾道市東土堂町2-14

現在お店はお休みしています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR